会長ご挨拶

広島県内科会の紹介

広島県内科会の活動



入会案内

会  則



役  員



例  会

講 演 会
      平成29年
      平成28年
      平成27年
      平成26年
      平成25年
      平成24年
      平成23年
      平成22年



会 報 誌



会員専用



会長   加藤 雅史








 平成29年度総会において会長に就任いたしました。
 本会は内科に関する知識の向上、技術の進歩の普及並びに、会員の福祉と相互の親睦を 計ることを目的とし、講演会の開催やレセプト審査に関する情報を発信しています。

現在、臨床内科医は多忙を極めています。第一に、超高齢化社会における「かかりつけ医」として、個々の患者に即した、また臓器横断的な診療を求められています。
在宅医療では、24時間対応に対して、多職種との連携が不可欠です。
また、本来の診療以外に、「学校医」や「産業医」では、それぞれの職務の拡大と、それに伴う責務が課せられてきています。 さらに、会員の先生方の一番の関心事である診療報酬改定が大きな問題です。
2年毎に施行されるたびに、その改定の内容について、すべてを理解するまでに時間を要します。

 以上あげた諸問題について、広島県内科会は一つ一つ丁寧に議論し、一定の見解を発信 することにより、少しでも先生方の負担が軽減されることを望んでいます。
 本会は各都道府県内科医会の上位団体である日本臨床内科医会(日臨内)に参加しており、 全国の先生方との意見交換が活発に行われています。
診療報酬改定に関しても、日臨内の 役員が内保連に加わっており、これまでもいくつかの項目が認められています。
これらの 日臨内の情報もいち早く先生方へお届けします。
日臨内は、毎年春に総会、秋に医学会を 開催していますので、是非ともご参加ください。


広島県内科会
Copyright (C) 2007 All Rights Reserved.